ゴンクール賞最終候補作

いよいよ11月3日に今年のゴンクール賞が決定されます。

現在最終候補作に残っている作品はつぎの4作品です。


Christine ANGOT, Le Voyage dans l'Est, Flammarion, 224 p.

クリスチーヌ・アンゴ『東への旅』


Sorj CHALANDON, Enfant de salaud, Grasset, 336p.

ソルジュ・シャランドン『ろくでなしの子ども』

Louis-Philippe DALEMBERT, Milwaukee Blues, Sabine Wespieser, 288p. ルイ=フィリップ・ダランベール『ミルウォーキー・ブルース』


Mohamed Mbougar SARR, La plus secrète mémoire des hommes, Philippe Rey, 448p

モハメド・ブガール・サール 『人間の最奥に秘められた記憶』


また、フェミナ賞には、Clara DUPONT-MONOD, S'adapter/クララ・デュポン=モノ『受け入れたならば』、メディシス賞にChristine ANGOT, Le Voyage dans l'Est/クリスチーヌ・アンゴ『東への旅』が決定しています。


「日本の学生が選ぶゴンクール賞」の選考結果も本日12時に発表の予定です。

お楽しみに!


*日本語タイトルは仮です。

最新記事

すべて表示

先日、決定いたしました第1回「日本の学生が選ぶゴンクール賞」を受賞した『受け入れたならば』(仮題)の著者クララ・デュポン=モノさんから喜びの声が届きました。取り急ぎ、そのままお伝えいたします。 Je suis très heureuse, et touchée, de recevoir ce prix Goncourt Japon. Et j'apprends que je suis la pre

明日2021年3月29日、いよいよ栄えある第1回「日本の学生が選ぶゴンクール賞」が決定されます。 昨年の9月にスタートし、半年の時間をかけて本を読み、議論をし、準備してきた初めての日本でのゴンクール賞もいよいよ明日決します。 現在、候補になっている作品は、以下の通りです。 Le voyant d'Étampes、Abel QUENTIN /『エタンプの見者』アベル・カンタン Enfant de